3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

足利にタピオカデリバリー店「SORA」 開店から3カ月、イートインスペースも

期間限定デザインのシールが貼られた黒糖タピオカと黒糖抹茶タピオカ(左から)

期間限定デザインのシールが貼られた黒糖タピオカと黒糖抹茶タピオカ(左から)

  •  
  •  

 足利のタピオカデリバリー店「SORA(ソラ)」(足利市朝倉町2、TEL 0284-64-9116)が1月19日、オープンから3カ月目を迎える。

店内の様子。店内にはイートインスペースも

 店主の長山竜也さんは2019(平成31)年2月~2019年8月の間、タピオカ店「EMMA(エマ)」(南町)で修業。「社長になりたい」という夢をかなえるため、2019年10月に同店を開いた。無料クーポンの配布や30時間営業、イベントコスチュームでの配達などを行い、SNSを中心に店名が浸透。長山さんを慕って訪れる客や、デザイナーと店員の金井友唯(ゆい)さんが厚さや耐久性などにこだわって考えたオリジナルシールを集めるために通う客もいるという。

[広告]

 ドリンクメニューは一番人気の「黒糖タピオカ」、定番人気の「黒糖抹茶タピオカ」など6種類(Sサイズ450円、Mサイズ550円)。タピオカは50円追加でホイップクリームをトッピングできる。フードメニューは「フライドポテト」「オニオンリング」「チキンナゲット」(以上300円)。デリバリーがメインだが、店には座敷のテーブル席がありイートインも可能。

 長山さんは「友人やお客さまなど、たくさんの人たちのおかげでここまで来られた。徐々にデリバリーも浸透してきたので、今後はクレープかピザを追加したい。4月で20歳になるので、夜は店舗で居酒屋もしたい」と意気込む。

 営業時間は12時~22時。駐車場は店舗前2台とあけみ寿司(ずし)第2駐車場。配達料は200円(1,500円以上の購入で無料)。

Stay at Home