見る・遊ぶ

足利で市民参加型「足利尊氏公マラソン大会」 約5000人が出走

時折見える晴れ間の中、スタートするランナー

時折見える晴れ間の中、スタートするランナー

  •  

 第41回足利尊氏公マラソン大会が11月4日、足利市総合運動場陸上競技場を会場に開催された。

ゴールする市民ランナー

 市の中心部を足利の歴史や文化や自然を感じながら走れるコースが用意されている同大会。種目はハーフ、10キロ、5キロ、3キロ、3キロ親子ペアで、9時から順次スタートした。曇り空の下、事前エントリーした約5000人が出走。足利市出身の元陸上選手で現在俳優の西田隆維(たかゆき)さんと、全(オール)足利クラブの選手がゲストランナーとして参加。市民参加型のマラソン大会とあって、大会来場者の投票で決まる仮装大賞も用意された。

[広告]

 沿道には応援する市民らの姿が多く見られた。会場の競技場外側ではご当地アイドル「渡良瀬橋43」による公演、足利のご当地グルメや特産品販売、子どもが楽しめるニュースポーツのコーナーが用意され、ランナーだけでなく応援する人も楽しめるイベントとなった。

 4回目の参加という足利市在住の堀越安則さんは「今回は初めて孫と一緒にペアの部で参加した。1人で走る時とは違って心強かったし、楽しむことができた」と話した。