3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

足利のカフェで「山田和三ドローイング展」 左手で描く絵画22枚

2004年作品「融合」。「今は上手に描くことに全く関心がない」と話す山田さん。

2004年作品「融合」。「今は上手に描くことに全く関心がない」と話す山田さん。

  •  
  •  

 「山田和三(わぞう)ドローイング展 左手の遠き旅」が12月21日、「artspace&cafe」(足利市通2、TEL 0284-82-9172)で始まった。

作品の前で来店者に思いを語る山田さん(左から3番目)

 山田和三さんは埼玉県行田市出身。1973(昭和48)年、本格的に絵画を学ぶため熊谷市に転居し、同市にある「原田美術教室」で指導を受ける。1976(昭和51)年、熊谷市民展で「藁葺(わらぶき)の農家」が特選、その後もいくつかの展覧会で入選。結婚後は、群馬県邑楽郡大泉町で暮らす。山田さんは「1989(平成元)年にカトリックの洗礼を受けて絵画に対する考え方が少しずつ変化。描写も『目に見えるもの』から『見えないもの』へと関心が移行し、純粋な『心』を表現したいと思うようになった」と話す。

[広告]

 山田さんは2004(平成16)年から左手で手紙を書いたことから、絵画も左手で描くようになった。「今まであるものをすべて失ったとしても、そこに優るものがあることに気づいた」と話す。翌年から同町にある大泉町障がい児集団活動訓練施設「クレヨンハウス」で、知的障がいを持つ子どもたちと共に絵画に取り組むうち、彼らの描く「アールブリュット(生の芸術)」と呼ばれる作品に魅力を感じるようになった。

 左手で描く絵画は完成まで早くて2~3日、長いものでは数カ月~半年かかる。今回はパステル、水性塗料、インクなどで2004年~2017年に描かれた39枚の中から22枚を展示。希望すれば、飾りきれなかった作品も観賞できる。

 artspace&cafeの営業時間は11時~19時。月曜・火曜定休(祝日の場合は営業。翌日定休)。12月30日~1月7日は冬季休業。1月13日まで。

Stay at Home