食べる 買う

アピタ足利店に食パン専門店「高匠」 北関東初出店

「高匠 足利店」店内の様子

「高匠 足利店」店内の様子

  • 79

  •  

 食パン専門店「高匠(たかしょう=「高」ははしごだか)」が10月20日、アピタ足利店(朝倉町)1階にオープンした。

「高匠 足利店」外観

同店は2016(平成28)年、大阪市西区を皮切りに、関西13店舗、関東7店舗、北陸エリア1店舗を展開している。北関東への出店は今回が初となる。

[広告]

 販売する食パンは1種類のみ。小麦粉を熱湯でこねて、低温で熟成させる「湯種製法」を採用している。「手間と時間を掛けることによって小麦粉本来の甘みを引き出し、パン生地の柔らかい食感とうま味が凝縮される」という。東京にある工場でその日の朝に作ったものを販売する。

オープン当日は、来店先着500人にコーヒーのドリップパック、予約客にパン切りナイフの記念品を用意し、開店前から食パンを求める客で列ができた。店頭では、同店オリジナルバタージャム「小倉」「りんご」「いちご」「はちみつ」の4種類とコーヒーのドリップパックも販売する。

店主の土屋敦美さんは足利出身。「身内や家族にこのパンを食べさせたい」とUターン出店を決めた。「いろいろな人の力添えで、大好きな足利で出店できることになった。食パンは持つとずっしり、中はきめ細かいのが特徴。食感はもっちりと柔らかく、蜂蜜や卵を使っていないので小さいお子さんにもぜひ食べてほしい」と話す。

営業時間は10時~20時。定休日はアピタ足利店の休館日に準じる。