3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

足利市の「たかうじ君」が塗り絵に 自宅で過ごす子どもたちに向けて公開

公開している「たかうじ君ぬりえ」を持つ前川さん

公開している「たかうじ君ぬりえ」を持つ前川さん

  • 313

  •  

 足利市が、同市のイメージキャラクター「たかうじ君」の塗り絵を公開している。

市は「子どもたちの『たかうじ君ぬりえ』をSNSに投稿してほしい」と呼び掛ける

 企画政策課の前川美帆さんが「新型コロナウイルスの影響で学校や幼稚園に行けず、不安な気持ちでいる子どもたちが少しでも楽しい気分になれば」と考案し、市内在住でイラストレーターのいしいあきよさんがイラストを担当した。前川さんは「『たかうじ君』は子どもたちに夢と楽しみを与えるのがミッション。やるべきことはたくさんあるが、すぐにできることをした。担当したイラストレーターのいしいさんも、すぐに対応してくれた」と話す。

[広告]

 いしいさんは「市のキャラクターとして知名度の高い『たかうじ君』だが、今回塗り絵になって登場することで、より市民に親しみを持ってもらえるのでは。家で過ごす時間をこの塗り絵で楽しんでもらえたらうれしい。大人もぜひ一緒にやってみてほしい。意外に夢中になってしまうかも」と呼び掛ける。

 塗り絵は約20種類を予定しており、現在は「さくら」「野菜を食べよう!」「パン屋さん」の3種類を公開。塗り絵は順次追加する。市は完成した塗り絵を「たかうじ君ぬりえ」のハッシュタグでSNSに投稿するよう呼び掛けている。前川さんは「2021年には足利市政100年を迎える。4月から『プロジェクトA100』を始めており、塗り絵にもプロジェクトのロゴを添えている。『たかうじ君』と共に、このプロジェクトを知ってもらうきっかけになれば」と話す。

Stay at Home