3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

「#足利エール飯」足利市民の飲食店応援プロジェクト SNS投稿を呼び掛け

「#足利エール飯」のポスター

「#足利エール飯」のポスター

  • 132

  •  

 足利市で活動するNPO法人「コムラボ」が、新型コロナウイルスの影響を受けている地元飲食店を応援する取り組み「#足利エール飯」を始めた。

「八蔵(はちくら)」を取材中の新井さん

 同NPO代表理事の山田雅俊さんが企画し、SNSで発信したところ「足利ミッドタウン商店会」から協力したいと声が掛かり「一緒にやる仲間がいるなら」と本格的にプロジェクトを開始。市内各所にチラシ、ポスターを掲示し、SNSへの投稿を呼び掛けることとなった。

[広告]

 広報物デザインを担当したのは、市内在住のデザイナー、鶴見裕也さん。活動周知に掛かる費用を足利ガス(錦町)が協賛した。活動初期は、テークアウト品を情報共有し、その後は「店舗へ行って食べよう」と呼び掛ける継続的な活動を目指す。

 山田さんは「大分県別府市の『#別府エール飯』がオリジナルの企画。別府とは視察などでご縁があり、同様の活動をしたいと連絡したところ快諾してもらえた。自粛を続けて足利の飲食店が減ってしまうのは自分にとっても、これからの足利にとっても良くないこと」と話す。ポスターは「あの店のあの味を、今守れるのは、あなただ」と足利市民に訴える。

 JR足利駅前のラーメン店「麺や松」(伊勢町)の店主、松島文久さんは「コロナ感染対策や、休校で子どもに食事を用意する保護者の助けになればと、テークアウトを宣伝することにした。脂がのった柔らかいバラ肉を熟成だれに漬け込んでじっくり焼いた『肉めし弁当』と冷凍ギョーザがテークアウト可能。コロナが終息したら、ぜひ店に食べに来てほしい」と話す。

Stay at Home