食べる

足利の創業100年の製粉企業で「麦わらぼうしフェスタ」 ピザ作り体験も

笠原さんと、小麦粉の銘柄が擬人化されたパネル

笠原さんと、小麦粉の銘柄が擬人化されたパネル

  •  
  •  

 「麦わらぼうしフェスタ」が11月3日、笠原産業(足利市福居町、TEL 0284-71-3181)で開かれる。

うどん作りに「イワイノダイチ」、ピザ生地に「ゆめかおり」を使う

 今年で創業100周年を迎える製粉企業である同社で2008(平成20)年から開いており、今年で11回目。体験ブースや飲食販売ブースなどがあり、例年2000人近い来場者が訪れる。今年は先着順で、栃木県産小麦の「ゆめかおり」を使った手作りの生地に、バイキング形式で好きな具材を選んで載せる「オリジナルピザ作り」が体験できるブースが加わる。

[広告]

 試食販売ブースには過去最多の20店が出店。市内からは足利農業協同組合、パン専門店茶々、大麦工房ロア、ココジィHouse、足利大麦餃子、足利麺、笠原産業が参加。パンやラーメン、クレープなど小麦を使った製品を販売する。

 同社の笠原諒子さんは「今回もたくさんの方に『地元の小麦はおいしい』ということを知ってもらうため、試食販売ブースでの試食を多く出し、来場者に楽しんでもらえるよう準備している」と話す。

 開催時間は11時~14時。駐車場は笠原産業社屋第1・第2駐車場、鹿島神社(福居町)前、山清フード(朝倉町)、龍泉寺(福居町)。無料のシャトルバスで会場間を移動できる。うどん作りは事前予約制。入場無料。

  • はてなブックマークに追加