暮らす・働く

足利で出会い求める男女が「街コン」 「ガチ婚」で10組のカップル誕生

栃木県内外から参加者が集まった

栃木県内外から参加者が集まった

  •  
  •  

 「第6回織姫コンinまちなか」が10月27日、足利市内で開催された。

市内13カ所の飲食店で合コン ピンクの旗が会場の目印

 縁結びの神様を祭る「織姫神社」(足利市西宮町)にちなみ名付けられた同イベントは2014年に始まり、今回が6回目。本年度は25歳~45歳の独身男女約170人が参加し、「街コン」と人数限定の真剣な「ガチ婚」が行われた。

[広告]

 足利商工会議所(通3)友愛ホールで14時に受け付けがスタート。参加者は受付でくじを引き、合コンを行うグループが決定。席に着いて目の前の異性とフリートークしながら、合コン開始前の時間を過ごした。群馬県在住の男性参加者は「今回初めて参加した。本気で相手を見つけたいので、良い出会いがあれば」と話し、市内在住の女性参加者からは「友人と一緒に参加した。小山や佐野など、市外からの参加者も多いと思った」などの声が聞かれた。

 16時30分に開会し、ルール説明を聞いた参加者はグループに分かれて市内13カ所の飲食店へ移動。参加者は17時~19時の間、2店で合コンを行い異性との交流を楽しんだ。合コン参加後は「アフターパーティー」が行われ、「街コン」は41組、「ガチ婚」は10組のカップルが成立。カップリング成功者は手をつないでステージに上がり、テーマパークのペアチケット抽選も行われた。

 織姫コン実行委員会の増田実行委員長は「今回は台風の影響などもあり参加者が定員にならず、申し訳なかった。台風の影響を受け飲食店では客足が鈍くなった店もあり、逆に開催してくれて良かったという声もあった。人数が少なかったが、それよりも気になった異性と楽しく話す時間が取れたので良かったという声もあった」と振り返った。

  • はてなブックマークに追加