3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

足利で地元産の農産物「あしかが美人」を使った食イベント 26店参加

テークアウト用の「あしかが美人のいちごパフェ」

テークアウト用の「あしかが美人のいちごパフェ」

  •  
  •  

 「あしかが『美』食まつり」が3月7日から、足利市内の飲食店や菓子店など26店で開催されている。

「あしかが美人トマト プレミアムバーガー」もテークアウト可能

 同イベントは2018(平成30)年に始まり、今回が3回目。JA足利の農産物ブランド「あしかが美人」の7品目のうち、「イチゴ」「アスパラガス」「トマト」をテーマ食材として、そのいずれかを使ったメニューや加工品を参加各店が提供する。地産地消の推進と観光誘客の促進を図り、食のブランド化や地域活性化につなげることを目的としている。

[広告]

 参加店は「蕎遊庵(きょうゆうあん)」「恵 MEGUMI」「手もみそば いけもり」「Fortuna(フォルトゥーナ) 」「足利大麦餃子」 「めん割烹 なか川 」「味工房 ふ~でゅ~す」「日本料理 蝶や」「プラザハマダ」「創作懐石 楓賀」「いちえ」「スカイレストラン ラ・ベルビュー」「コミュニティーカフェ よこまち」「蓮岱館(れんだいかん)」「足利 かつ一」「味の太洋」「炙(あぶ)りや 福朗」「レストラン クロック」「和風レストラン 加茂川」「あしかがフラワーパーク レストラン ウェステリア」「小島東洋堂」「一茶庵本店」「古民家カフェ 茶房のの」「花にかこまれて Garden Cafe 南の麦」「かき氷処 香織茶寮」「松風屋本店」の26店。

 「プラザハマダ」(足利市通2)は2種類のメニューを提供。「あしかが美人トマト プレミアムバーガー」(680円)は、オーストラリア産のクオーターパウンド(約113グラム)のパティを使ったハンバーガーに「あしかが美人」のトマトを合わせた。「あしかが美人のいちごパフェ」(店内=900円、テークアウト=800円)には「あしかが美人」のとちおとめを9個使用。店主の浜田陽一さんは「『とちおとめ』は香り、甘さ、ジューシーさのバランスが取れた品種」と話す。

 5月10日まで。

Stay at Home