見る・遊ぶ 学ぶ・知る

足利で「観光ロゲイニング」 映画のロケ地もチェックポイントに

親子で協力して写真撮影する姿も

親子で協力して写真撮影する姿も

  •  
  •  

 「第2回 足利学び舎(や)観光ロゲイニング」が10月22日、足利市内で行われた。

雨の中、スタート会場となった友愛ホール(足利市通3)を出発する参加者

 ロゲイニングは、家族や友達など2~5人で構成されたチームが、制限時間内で地図を見ながらチェックポイントを回り、写真を撮って獲得した合計得点を競うアウトドアスポーツイベント。健康増進や「歩きたくなる街づくり」を推進する「スマートウェルネスあしかが」の一環として昨年スタート。全国で観光ロゲイニングなどを企画・運営する「かまくRUN(スポーツライフパートナー)」が協力した。

[広告]

 台風19号の被災による影響で、当初の予定より1カ所少ない合計39カ所のチェックポイントが市内に設置された。うち14カ所は、映画などの撮影が行われたロケ地となっており、ロケ地チェックポイントを全て回るとボーナスポイントが加点となるルールも新たに設けられた。

 今年は県内外から約190人が競技に参加。宮城県から朝5時に出発した参加者もいた。主催者からルール説明の後、雨が降る中、10時に競技が開始。雨具を身に着け、走って移動する参加者の姿が多く見られた。

 競技終了後は、「ファミリーの部」「ウオークの部」「一般の部」の部門別に表彰式を行った。最高得点は約4時間で35カ所回った一般の部の894点だった。上位3チームには表彰状と、「足利マール牛カレー」「ポテト入り焼きそば」「足利大麦餃子」「あしかがフラワーパーク招待券」「ココファームワイナリー」の商品など、同市の特産品が賞品として授与された。

「ファミリーの部」で家族と参加した水戸市在住の男性は「昨年に続き2回目の参加で、楽しみにしていた。今回はあいにくの天気だったので1歳の子どもは応援に回り、3歳の子どもと一緒に参加した。雨だと大変なので、来年は晴れてくれるとうれしい」と話していた。

  • はてなブックマークに追加