食べる

足利・閻魔堂で「えんまルシェ」 地元野菜を買って・食べて楽しんで

「旧足利東映プラザ」前ではトランペットの演奏も(過去開催時の様子)

「旧足利東映プラザ」前ではトランペットの演奏も(過去開催時の様子)

  •  
  •  

 「えんまルシェ」が8月16日、利生院閻魔堂(足利市井草町)とその周辺で開催される。主催は井草町自治会。

「利生院閻魔堂」入り口

 「えんま様のお膝元で、地元の旬を見つけよう!」をテーマに、年に2度開催している。同自治会が足利市内の若手生産者や飲食店に声を掛け、新鮮な野菜を街なかで買って、食べて、飲んで楽しめる場を創出することを目的に、「市民力創出協働事業」として2017(平成29)年に始めた。

[広告]

 過去4回は回遊ルートとなるよう日程を市内イベントに合わせたが、今回は来場者に、より「えんま様」を感じてもらえるよう「閻魔大祭」の日に開催。18時からは堂内で法要を執り行う。事務局の田野好子さんは「閻魔大祭は奉公人が休みとなる『やぶ入り』の日。地獄のふたが開いて、えんま様も審判を休む。太鼓を打ち鳴らしての法要は迫力があるので、ぜひ聞いてもらえれば」と参加を呼び掛ける。

 当日は約15店が出店予定。地元で採れた旬の食材を使った料理、生ビールやワインなどの食を楽しむブースや地元農業生産者による野菜の販売ブースなどが並ぶ。地元のトランペット奏者、澤口大樹さんによる演奏も行われる。

 開催時間は17時~21時。車で来場する場合は周辺の駐車場を利用。

  • はてなブックマークに追加