食べる 買う

焼き鳥店店主がクレープの移動販売店 地元野菜使ったおかずクレープも

「FUKURE crepe(フクレクレープ)」のキッチンカー

「FUKURE crepe(フクレクレープ)」のキッチンカー

  • 39

  •  

 クレープを移動販売する「FUKURE crepe(フクレクレープ)」がオープンして1カ月を迎える。

定番メニュー「いちごチョコホイップ」

 店主は「炙(あぶ)りや福朗」(足利市山川町)を経営する福島寛之さん。2020年、コロナ禍の影響を受け、唐揚げを販売するキッチンカーがイベント出店できない期間が続いた。専門学校で料理を学んだ後、ケーキ店での勤務経験からクレープでキッチンカーを活用しようと3月9日、同店を開いた。

[広告]

 メニューは現在25種類以上で、バリエーションは今後も変化していく予定。栃木県産とちおとめを使った「いちごチョコホイップ」のほか、地元の農家から直接仕入れた旬の野菜を使った「たまごサラダ」(以上500円)や「チキン南蛮サラダ」(600円)などのおかずクレープも取りそろえる。生地は足利の小麦粉「麦のかほり」をブレンドして使っており、「モチモチの食感と自然な甘みが味わえる」という。今後は旬のフルーツを使ったメニューも販売する予定。

 福島さんは「地元の旬な食材を使い、生地にもこだわった。ぜひ一度味わってみてほしい」と呼び掛ける。

 出店場所は「炙りや福朗」駐車場。営業時間は12時~18時。月曜定休。予約可能。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース