3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

足利の広告代理店が新型コロナウイルス対策のPOPを無償公開 ステッカー販売も

新型コロナウイルス対策のPOPを印刷したステッカー

新型コロナウイルス対策のPOPを印刷したステッカー

  • 79

  •  

 広告代理店「つちや印刷広告舎」(足利市新山町)が、新型コロナウイルス感染症対策のPOPデータを無償で公開している。

ステッカーを販売する「ヤフオク!」ページ

 同店は2015(平成27)年に開業。SNS広告運用やホームページ製作、看板サイン印刷やチラシデザインなどを手掛ける。代表の岩崎倫男さんは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「何か役に立つことができれば」と、事業者に向けた感染症の拡大防止対策を行うためのPOPを考案。普段チラシやホームページをデザインしているスタッフが絵柄を制作した。

[広告]

 POPは小売店、書店、飲食店、美容院、病院向けなど現在16種類を用意。内容は、来店客に2メートルのソーシャルディスタンスを空けて並ぶことを促すものや、アルコール消毒液の使用を促すもの、従業員のマスク着用を義務付けていることを示すものなどさまざま。同店のグーグルドライブ上で無償公開している。岩崎さんは「データをダウンロードしてホームページやSNS、店頭で自由に使ってもらえれば」と話す。

 POPデザインをプリントしたステッカーの制作も始めた。ステッカーは現在「ヤフオク!」で販売しているが、岩崎さんは「同市や近隣の小規模事業者には無料で提供するので、気軽に問い合わせてほしい」と呼び掛ける。

Stay at Home