見る・遊ぶ

足利の「渋谷スクランブル交差点」で中国映画ロケ エキストラ3000人募集

オープンセットでの撮影イメージ(提供=足利市)

オープンセットでの撮影イメージ(提供=足利市)

  •  
  •  

 足利競馬場跡地に建設中の「渋谷スクランブル交差点」オープンセット(足利市五十部町)で行う、映画撮影のエキストラを募集している。

オープンセット完成予定図(提供=足利市)

 同セットの建設は7月上旬に始まり、「渋谷スクランブル交差点」「ハチ公前広場」「渋谷センター街入り口のアーチ」など渋谷の街を再現する工事が進んでおり、9月に完成予定。完成後に最初のロケを行うのは、王宝強(ワン・バオチャン)と劉昊然(リウ・ハオラン)の探偵コンビが事件を解決していくシリーズ作の第3弾で、陳思誠監督の「唐人街探案3」(日本国内公開時期未定)。

[広告]

 タイ・バンコクを舞台に撮影された2015年公開「唐人街探案」(邦題「僕はチャイナタウンの名探偵」)は興行成績135億円を超えた。日本人探偵役で俳優の妻夫木聡さんが出演し、ニューヨークを舞台としたシリーズ2作目は、中国国内で1億人を動員し、興行収入は600億円を記録した。シリーズ3作目の舞台は日本で、日本国内各地で撮影を予定している。

 同セットでは9月21日~23日の3日間、アクションシーンなどが撮影される予定で、「渋谷を訪れる人々」を演じるエキストラを各日1000人募集する。市映像のまち推進課の鈴木康平さんは「全国的にも1000人規模の撮影はあまりないと思う。ぜひこの機会に、大きいセットでの撮影を実際に肌で感じてもらえれば」と参加を呼び掛ける。

 撮影時間は7時~17時ごろ。エキストラは年齢・性別・国籍問わず、1日のみの参加も可能。交通費、出演料などの現金支給はないが、昼食と作品オリジナル記念品が提供される。JR足利駅、東武足利市駅から無料送迎バス、近隣に無料駐車場あり。専用フォームで応募を受け付ける。

  • はてなブックマークに追加