見る・遊ぶ

足利で子どもたちが日本の伝統芸能披露 成果発表会で

あしかが子ども歌舞伎の発表(過去開催時の様子)

あしかが子ども歌舞伎の発表(過去開催時の様子)

  •  

 「足利・子ども伝統芸能総合プロジェクト 地域伝統芸能体験・成果発表会」が1月13日、足利市民会館(足利市有楽町)で開催される。

和太鼓集団黎明座の発表(過去開催時の様子)

 同イベントは、足利市内や近郊で活動する高校生以下の日本伝統芸能団体が練習成果を発表する場として、2013年度から実施している。市内ではさまざまな伝統芸能を子どもたちへ普及・継承する活動が展開されており、1年に1度各種団体が一堂に会することで、交流や連携が生まれることを目的としている。

[広告]

 杵家会足利支所長唄登会・登喜和会、伝統文化子ども八木節教室、和太鼓集団・黎明座(智組、礼組、仁・義組)、群馬県立桐生西高等学校十四代目和太鼓部、あしかが子ども歌舞伎がそれぞれ長唄三味線、八木節、和太鼓、歌舞伎を披露する。

 同館事業企画担当の阿部さんは「新春恒例イベントの伝統芸能発表会。子どもたちが一生懸命演奏するのでぜひ楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は13時~15時40分。入場料は前売り・当日共に500円、高校生以下無料。前売り券は同会館・足利市民プラザで販売。