学ぶ・知る

足利でサウジアラビア・モンゴル出身の留学生が講演会

講演を行うサウジアラビア出身のアルイード マハムード モハメド アイさん

講演を行うサウジアラビア出身のアルイード マハムード モハメド アイさん

  •  
  •  

 足利市と足利市国際交流協会は1月14日、足利市生涯学習センター(足利市相生町)で「海の向こうの暮らし~サウジアラビア・モンゴル編~」を開催する。

講演を行うモンゴル出身のラハワグスレン ツェベルデジドさん

 同イベントは2001年度より断続的に実施しており、本年度は足利市の委託事業「多文化共生推進事業」の一環として、海外出身者に話を聞いている。同事業は違う文化の人達と共生していくために、外国のことや足利に住んでいる海外出身者のことを知る目的で開催している。

[広告]

 講演は足利大学から推薦のあった日本語の堪能な留学生が行う。サウジアラビア王国カティーフ出身のアルイード・マハムード・モハメド・アイさんは同大学工学部電気電子分野1年に在籍。モンゴル国ウブルハンガイ出身のラハワグスレン・ツェベルデジドさんは同学部建築土木分野2年に在籍している。2人がそれぞれの国の文化や生活について話し、参加者からの質問に答えたり交流したりする時間を設ける。

 同会書記の宮崎桂子さんは「足利市には64か国から約4500人の外国籍の方々が暮らしている。皆さんの身近にもたくさん住んでいる外国の方々の出身国の文化や生活などを知り、理解を深めてほしい」と話す。

 開催時間は13時30分~15時30分。入場無料。会場は足利市生涯学習センター101号室。

  • はてなブックマークに追加