見る・遊ぶ

映画「銀魂2」ロケ地の足利で舞台あいさつ 福田雄一監督、俳優・戸塚純貴さんら登壇

俳優・戸塚純貴さん(左)と福田雄一監督(右)

俳優・戸塚純貴さん(左)と福田雄一監督(右)

  •  

 映画館「ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが」(足利市大月町)で9月10日、映画「銀魂2」の舞台あいさつが行われた。

チケットは即日完売。「銀魂」ファン満員での舞台あいさつとなった

 8月17日から全国公開されている映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」は、「週刊少年ジャンプ」連載漫画が原作の実写映画。主演の小栗旬さんをはじめ菅田将暉さん、橋本環奈さんなどが出演する人気シリーズの第2弾。

[広告]

 脚本・監督を務めた福田雄一監督は栃木県小山市出身。放送作家として数多くのバラエティー番組などを手掛ける一方、ドラマや映画の脚本・監督など、幅広いジャンルで活躍している。

 同作では、日本遺産に認定された「足利学校(昌平町)」や「足利市研修センター(田所町)」で一部撮影を行った。物語の中心となる真選組の屯所シーンに使われた「足利学校」の撮影許可が出たのは、映像作品では同作が初めて。

 福田監督が脚本・演出を手掛け10月に始まるドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の撮影を5月から7月中旬まで足利市内で行ったこともあり、今回の舞台あいさつ開催の運びとなった。

 映画上映開始前の19時30分、福田監督と同作で真撰組の監察役「山崎退」を演じる俳優の戸塚純貴さんが姿を見せると、会場内は歓声に包まれた。足利に長期滞在していた福田監督お薦めの足利グルメや撮影にまつわるドッキリエピソードなど、約30分間にわたり笑いの絶えない撮影秘話を披露した。