見る・遊ぶ

「足利ひめたま祭」500台の痛車が渡良瀬川に集合 コスプレやステージも

国内有数の規模である500台の痛車展示(過去開催時の写真、写真提供:足利ひめたま祭 公式カメラマン・ケーゴ)

国内有数の規模である500台の痛車展示(過去開催時の写真、写真提供:足利ひめたま祭 公式カメラマン・ケーゴ)

  •  
  •  

 足利ひめたま祭が5月26日、中橋緑地多目的広場(足利市通2)で開催される。

前回は400人のコスプレーヤーが参加した(写真提供=足利ひめたま祭 公式カメラマン・ケーゴ)

 同イベントは「オタクに楽しむみんなの遊び場!」と題し、今回で15回目となる。会場にはアニメやゲームのキャラクターで彩った「痛車」が約500台展示される。コスプレーヤーも参加するほか、20以上の屋台販売、アニソンDJなどのステージイベント、同人誌即売会が行われる。

[広告]

 主催の足利ひめたま製作委員会・宮下文成さんは「『ヲタクな文化が詰まったみんなの遊び場』を作りたくて企画した。どのジャンルを見ても県外からいらしてくださる方も多く、10周年の来年に向けてこの熱量をもう少し足利に定着させたい」と意気込む。

 開催時間は11時~16時。入場無料・雨天決行。

  • はてなブックマークに追加