3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

足利出身3児のママが料理本 「子どもに伝えたい歳時記ごはん」

出版本「子どもに伝えたい歳時記ごはん」と3人の娘

出版本「子どもに伝えたい歳時記ごはん」と3人の娘

  •  
  •  

 足利出身、えとにママさんの料理本「子どもに伝えたい歳時記ごはん 家族と楽しむ季節のイベント」(講談社)が12月19日、発売された。

「母ののり弁と卵焼きで育った」と話すえとにママさん

 3人の娘を育てるえとにママ(@etn.co_mam)さんは足利市の旧柳原小学校(現けやき小学校)出身で、現在は東京都内で家族と暮らす。会社の同僚に勧められ、作った料理をインスタグラムにつづり始めたことがきっかけで今回、初めての料理本出版に至った。「普段の料理はおいしいが一番だが、『安く、早く、熱々で、おなかいっぱいに』を心掛けている」と話す。「歳時記ごはん」は記憶に残る、目新しいものを作るように心掛けているという。

[広告]

 幼少期、毎日母の手作りご飯を食べて育ったというえとにママさんは、もの作りや食に関することが大好きだった。子どもが生まれ、自分で料理するようになると「こんな料理があったらいいな」という思いを形にできるようになり、楽しんで料理を作っているという。

 撮影のセッティングや片付けも手伝ってくれるようになったという3人の娘。同書のイラストは絵を描くことが好きな長女が担当している。えとにママさんは「次女は撮影の手伝いをしてくれ、撮影工程で登場している。小学1年の三女は今しか描くことのできないかわいい絵を料理で再現した。今の娘たちの成長を一緒に刻むことができた大切な一冊になった」と話す。

 価格は1,200円(税別)。

Stay at Home