食べる 学ぶ・知る

足利に県内初のフクロウカフェ「FUKU」 ひなと触れ合える機会も

フクロウのひなを手に載せる店主の嶋田さん

フクロウのひなを手に載せる店主の嶋田さん

  •  
  •  

 栃木県内初となるフクロウカフェ「FUKU(ふく)」(足利市通3、TEL 080-9410-2960)が7月23日、オープンした。 

ガラス張りの店のエントランス

 オープンのきっかけは店主の嶋田崇さんが3年前に群馬県高崎市のフクロウカフェを訪ね、3カ月後にはペットとして飼い始めるほどフクロウの魅力に取りつかれたことだという。「せっかくなら栃木県内でのフクロウカフェ1号店を開きたいと思い、『愛玩動物飼養管理士』『食品衛生管理者』などの必要な資格取得や東京や広島など各地のフクロウカフェ視察に行くなどして研究や準備を重ねた」と嶋田さんは話す。

[広告]

 店内は、モリフクロウや大型のシロフクロウ、メガネフクロウ、小型のスピックスコノハズク、インディアンスコップオウル、まだ毛が柔らかい2羽のひなを含み常時10種類前後のフクロウが「在籍」している。お茶を飲みながら眺めて過ごすだけでなく、優しくなでるなどの触れ合いや写真撮影を楽しむことができる。また、スタッフに声を掛ければ、フクロウを触ったり手に乗せたりできる。

 嶋田さんは「フクロウは普段おとなしく、フワフワしていて、触ると気持ち良さそうな姿や大きな目に表情があるのが魅力。県内初の出店が実現できてうれしい。来てくれた方がかわいいフクロウとゆっくり触れ合うことで癒やされてほしい」と話す。

 入店は1時間制で、大人=1,200円、中・高生=800円、小学生以下=600円(ワンドリンク付き)。営業時間は11時~19時(18時最終入店)。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加