食べる

足利のレストラン「菜七彩-なないろ-」がオープン半年 和洋折衷の創作料理

「菜七彩-なないろ-」店舗外観

「菜七彩-なないろ-」店舗外観

  •  
  •  

 レストラン「菜七彩-なないろ-」(足利市八幡町、TEL 0284-22-8776)がオープンして半年がたった。

店長の平島さんとオーナーの小泉さん

 足利市出身のオーナー、小泉直巳さんが東京で働いていた頃の飲み友達と昨年10月10日に開いた。小泉さんは「足利には野菜を中心としたレストランがなかなかなくて、あったらいいなと考えていた」と話す。食材には有機栽培や季節の野菜をはじめ、アイスプラントやカラフルニンジン、うずまきビーツなど、家庭ではなかなかそろえにくい野菜を取り入れている。日替わりビュッフェランチでは7種類の野菜のサラダバーや10種類以上の創作料理が並ぶ。席数はテーブル16席、カウンター6席(ランチ時はなし)。最大16人の貸し切り利用にも対応する。

[広告]

 料理を担当している店長の平島かおるさんは、東京都生まれで実家がすし店ということもあり、長年日本料理に携わってきた。「同じ肉じゃがでも一味違うものを提供したら面白いのではないか」という発想から、和洋折衷の創作料理を提供。「自分の考えた料理でお客さんに喜んでもらえるのがうれしい。これから夏に向けて辛い料理を出していく予定」と意気込む。

 日替わりビュッフェランチは60分コース(ライス、スープ付き)=1,200円、70分コース(ライス、スープ、ドリンク付き)=1,400円、90分コース(ライス、スープ、ドリンク、ケーキ付き)=1,700円。ビュッフェランチの持ち帰りパックは大=800円、中=600円、小=400円。ディナーは要予約でコースメニューを提供する。

 営業時間はランチ=11時~14時30分、ディナー=18時~22時。火曜、月1回月曜定休(祝日、祝前日は営業)。

  • はてなブックマークに追加