3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

足利のワイン食堂「ブーカもりやま」開店1周年 「日常で楽しむ」イタリア料理を

店主・森山さんとワイン

店主・森山さんとワイン

  •  
  •  

 イタリア料理店「ブーカもりやま」(足利市田中町、TEL 0284-64-7219)が3月10日、オープンして1年がたった。

「ブーカもりやま」店舗外観

 店主の森山茂昭さんは同県宇都宮、群馬県、東京都内で10年以上修業した。「ブーカ」はイタリア語で穴、洞穴という意味で、ワインの貯蔵庫(地下)をリノベーションしてレストランにした店舗などに付けられるという。

[広告]

 森山さんは「非日常を味わってもらえるイタリアレストランをやりたい」と考えていたが、イタリア・フィレンツェへ研修で訪れた際に「イタリア料理はかしこまって味わう料理ではない。日常的に楽しむ料理だ」と考え直したという。

 足利のイベントにも出店する森山さんは「食を通じて地域の風土や歴史、文化、営みを掘り下げていきたい。これをローカルガストロノミーという。食を通じて足利の地域活性への手助けができれば」と話す。

 営業時間は17時~24時。木曜定休。

Stay at Home