プレスリリース

AeroEdge(エアロエッジ)株式会社、非破壊検査立ち上げ支援サービスを開始

リリース発行企業:AeroEdge株式会社

情報提供:





AeroEdge株式会社(本社:栃木県足利市、代表取締役社長:森西淳)は、エンジニアリングサービスとして、2019年に開始した治具設計サービスに続き、非破壊検査立ち上げ支援サービスを開始致しました。
非破壊検査立ち上げ支援サービス第一弾として、2019年1月に創業した新潟エアロスペース社(本社:新潟市中央区、代表取締役社長:小林和之)に対し、蛍光浸透探傷検査(PT、Method-D)の立ち上げ支援を2019年末に実施いたします。

AeroEdgeは、航空機エンジン大手のサフラン社(フランス)との直接長期契約を軸にグローバルな航空宇宙事業を展開している技術集団で、テクノロジーを中心に、さらなる成長を目指しています。
当該事業の立ち上げにおいて最も苦労した非破壊検査の立ち上げに関するノウハウを活かし、これから航空宇宙産業への進出を目指している中小企業への支援を通じ、日本の航空産業における大きな課題である非破壊検査の立ち上げ、及び非破壊検査員の教育に寄与する所存です。

今後は、蛍光探傷検査(PT)のみならず、デジタルX線検査(RT)等の非破壊検査の立ち上げ支援サービスへの展開を予定しております。弊社で蓄積したノウハウを転用・応用し、航空宇宙産業に寄与すると同時に弊社の収益の一つとしていくことは、今後エンジニアリングサービスカンパニーとして発展していくための大きな一歩と考えています。「モノづくり x サービス」を合言葉に、エンジニアリングサービスの一層の強化に努めて参ります。


***

AeroEdge(エアロエッジ)は、世界の航空業界でナンバーワンを追求する技術集団です。栃木県足利市に本拠を置く2016年創業の小さな企業が、航空機エンジン製造大手のフランス企業(Safran Aircraft Engines社)から次世代航空機用エンジン「LEAP」に搭載されるタービンブレードの国内初の長期量産サプライヤーに選定され、現在その生産体制の構築を加速しています。AeroEdgeは製造業に軸足を置きながら環境の変化に迅速に対応し、常にリーディングエッジであり続けること、一人ひとりが自主性・創造性を発揮し、他人がやっていない新しいことに果敢に取り組み、新しい価値を創出すること、社会と人々の幸せに寄与することを使命に「ゼロからイチを創る」活動を推進しています。
https://aeroedge.co.jp/

新潟エアロスペースは、地元企業の敦井産業株式会社と航空機関連専門商社の双日エアロスペース株式会社、また政府系金融機関である株式会社日本政策投資銀行の3社共同出資により設立した会社です。新潟県内では現在、地元行政による航空機分野の新規参入支援や産業クラスターの結成など産業振興施策を展開しております。また新潟市はNIIGATA SKYPROJECTとして、航空機産業の集積に向けた取組みを積極的に推進しており、航空機産業クラスター「NSCA」を構築しております。新潟エアロスペースはこのNSCA参画企業及び地域企業と連携し航空機部品等の取引拡大を図るとともに、将来的な多工程一貫受注への体制構築を目指して活動しています。

***

本件に関するお問い合わせ先:
AeroEdge株式会社 人事広報グループ 担当:次重、水田、今西
電話:0284-22-3125(代表) メール:akito.jiju@aeroedge.co.jp

  • はてなブックマークに追加